地方の歯科医

今や地方にも数多くの歯科医が存在する。医歯薬系の中で一番充実しているのは歯科医である。その現在数はコンビニよりも多いと聞く。確かに少し歩くだけでたくさんの歯科医院を通り過ぎるのだ。美容院に通う感覚で予約しても、人気のある医院は一ヶ月待ちと言う状態だ。何故こんなにも歯科医が飽和状態なのか疑問に思うが、それだけ優秀な歯科医が輩出されている事と、医歯薬の中で歯科医コースが人気の部類に入っていると言う事だろうか。歯科医師国家試験の合格率は年々高くなっていると言うのに。
歯は芸能人ではなくても生物にとって命である。げっ歯類ではないので一度失った歯は二度と戻らない。食べる事にこと執着する人間は歯を失わない様に、または失った歯を補うために様々な技術を開発して来た。
ところで歯科医は地方の中でも田舎である程、儲けが半端ないと聞く。わたしが住んでいる様な中途半端に都会な街ならいくつでも歯科医院は点在するが、田舎の方になると歯科医一人だけ存在するだけで、後は歯科衛生士も雇わず助手のみと言う経営をしている人もいるのでその場合の儲けは半端ないのだと言う。経営体制にもよるが、それはかなりの遣手ではないかと感じる。確かに都会の方になる程歯科医院はコンビニの様に存在するので、これからの歯科医はあまり儲からないだろうと言う話を聞く。
現在医歯薬の専門を勉強している人は将来開業を考えているなら凄まじい田舎の方で開く事も計画に入れて見てはいかがだろうか。